4回の守備における失点と勝敗の関係性 -Part.2-@ライオンズ観戦Blog

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

メットライフドームの球場紹介(観戦レビュー)を書いてみました。

よかったら参考にしてみてくださいね!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

スポンサーリンク

こんにちわ。友翔です。m( _ _)m

交流戦も終わり、先週末からリーグ戦が再開!!

ライオンズは2勝1敗でカード勝ち越し。☆-(ノ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノイエーイ

交流戦明けの入りとしてはいい流れだったんじゃないでしょうか。

ただ、うちの4番がスランプ真っ只中。(ノД`)シクシク

抜け出せる気配が全くないのが心配のタネですねぇ~。。。

去年もあったスランプ期間。本人も打てなくなる時期が必ずあると言っていた。

ただ今年はいままでが順調過ぎたから、応援してる側としてはどうしても物足りなく感じてしまう。ましてや今年はおかわりくんが好調なだけに、余計比較対象として槍玉に挙げられちゃうのはしょーがないことだね。

「ライオンズの4番」ってのはそういうポジションですよ!!

それでも今のライオンズ。4番打者は「山川穂高」だと誰もが思ってるので、打てなかろうがなんだろうが、あなたが打席に立てば、みんなホームランを期待して青炎を送りますよ(≧∇≦)b

穂高さん、はやくみんなで「どすこーーいっ!(w≧Д≦)=w」やろう!!


はーーい。では本題へ。_φ(・_・

5月の中旬ごろ、4回の相手の攻撃時(イニング)にやたら失点している気がするという記事を書きました。

4回の相手の攻撃時(イニング)に失点している試合が多いような気がする。
しかもこのイニングに失点すると、結構な確率で負けているような気がする。

気になる方は、Prat.1の記事も併せて見ていただくとして、その後のライオンズちゃんはどうなったのか?

交流戦も終わったこのタイミングで再度確認してみようと思いまーーす(^o^)/

スポンサーリンク

さて、前回に引き続き、試合結果を調べるなら公式サイトかな。

2019/05/18(前回の続き)から2019/06/23(交流戦終了時)までの試合(30試合)結果を集計。

4回のイニングに失点した回数:13試合
勝利した試合数:8試合
敗戦した試合数:5試合
引き分けた試合数:0試合

「13試合中5試合」の負けですか。。。

シーズン序盤に比べるとかなり負け試合の数が減りましたよ。w( ̄△ ̄;)wおおっ!

前回以降、4回に失点した試合をドキドキしながら見てたんですが、結構な試合で逆転または、逃げ切り勝ちしてた印象だったんで、この結果には納得です。

でも約半分は負けてるんですよねぇ。。。ε-(ーдー)

ち・な・み・に。

勝ち試合が「8試合」あるけど、そのうち2試合は、4回までに大量リードしていたにも関わらず、この回だけで一挙に大量失点して同点に追いつかれてます。┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

こういう結果を見ると、投手陣が相手チームの2巡目になると攻略され始めてるってことですよね?

にしてもさぁ、この回に失点する傾向が高い。

実際、今回の対象試合。負けた試合も序盤の3回までは無失点ないしは、2失点まに抑えてるんです。でも2巡目以降になるとバタバタっと崩れて失点していくってパターンが常套化しつつある。

これについてはピッチャーだけの問題ではなく、キャッチャー含めたバッテリー間の問題でもあると思うんで、残り少ない前半戦、そして勝負の後半戦に向けてしっかりと対応していかないと優勝なんて無理ですよ?

台所事情が苦しいのはファンだって承知の上です。

ベテランやエースに期待ができない以上、苦しくたって若手を使うしかないんです。

それでも今井くんやこーな。最近だとホンディーや航くんといった若獅子が奮闘して頑張ってます。

若い投手陣と友哉。不安要素は沢山あるし、試合ぶち壊すこともあるだろうけど、そうやって経験積んで成長していくしかこのチームはないので、今後もイライラする試合があっても、いつものように我慢して根気よく応援していきますよ。(≧∇≦)b

余談が長くなってしまいましたが、それでは、対象試合(13試合)のスコアを掲載していきますね。


5月18日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
埼玉西武ライオンズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 2
オリックス 0 0 0 2 0 0 0 0 X 2 6 1

初回、友哉のタイムリーで幸先よく先制。
先発は今井くん。初回以降、走者を背負いながらも要所を締めるピッチングをしてましたが、4回に味方の失策絡みで2点を失い逆転(ノД`)シクシク
その後は7回まで安定したピッチングで味方で自責0の力投。その後を引き継いだ森脇パパも無失点に押さえ味方の援護を待ちますが、そのまま試合終了。@14敗目

5月21日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
福岡ソフトバンク 0 0 0 1 0 0 2 2 1 6 12 0
埼玉西武ライオンズ 0 2 0 0 2 0 3 0 X 7 6 0

この日から沖縄・那覇での2連戦。2回に栗さんの2ランホームランで幸先よく先制するも、4回にホームランで失点。しかし、5回にはトノのタイムリーと押し出し追加点を加え、試合を優位に進めます。
先発・とがめんは粘り強い投球で、6回を1失点に抑えて降板。
このまま勝ちパターンで逃げ切りを図りたいところでしたが、平井さんがピンチを招き、1点差まで詰め寄られる誤算。しかしその裏、凱旋アーチとなる穂高さん3ランホームランですぐさま突き放す。ヽ(・∀・)ゞヨッ
その後、ジワジワと点差を詰められますが、最後は守護神・まっすーなんとか抑えて辛勝。@6勝目

5月22日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
福岡ソフトバンク 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3 10 1
埼玉西武ライオンズ 0 0 1 3 2 0 0 1 X 7 15 0

沖縄での2戦目。先発はこーな。2回に先制を許し、4回にも失点するものの最小失点で切り抜ける力投。毎回ランナーを背負いながらも7回2失点は立派だった。打線は3回、やっと復調気配のあるトノの犠飛で同点。逆転されたその4回裏、友哉ーおかわりくんー栗さんの3連打で同点、その後も源ちゃんのタイムリーなどで3点を奪い逆転に成功!! その後も追加点を奪い、15安打7得点で完勝でした。@7勝目

5月25日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
北海道日本ハム 0 0 0 5 0 0 0 0 0 5 5 0
埼玉西武ライオンズ 4 1 0 0 0 0 2 0 X 7 9 0

初回、あっきー久々の先頭打者ホームラン!! その後も友哉や栗さんタイムリーでプチ山賊モードを展開w。続く2回、あっきーが2打席連続&昨日から数えて3打席連続となるホームランを放ち、序盤で5対0と大きくリードを広げます。
この日の先発はエースのたわたん。序盤から安定した投球を見せますが、4回に突如崩れてまさかの5失点で降板。2番手のやすおちゃんがピンチの状況からの登板となったがしっかりと抑え、相手に流れを渡しませんでした☆-(ノ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノイエーイ
その後は投手戦となったが、7回にチャンスを作ると、おかわりくん&栗さんの骨牙コンビで2点を奪い、勝ち越しに成功し逃げ切り勝ち!!@8勝目

6月2日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 7 0
千葉ロッテ 0 0 1 5 2 0 0 0 X 8 10 0

この日の先発はルーキの航くん。立ち上がりは無難なピッチングを披露するも3回、4回、5回と立て続けにホームランを浴びて、5回8失点の内容でマウンド降板(ノД`)シクシク
打線も穂高さんのソロホームラン1発のみ。ノーアウト満塁で得点できないんじゃー勝てませんよ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・@15敗目

ー 交流戦開幕!! ー

6月4日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
広島 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 4 7 0
埼玉西武ライオンズ 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 5 10 0

交流戦開幕!!☆-(ノ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノイエーイ

ライオンズは2回、友哉の四球からチャンスを作ると、相手のミスを付いて先制。さらにネコさん、あっきーのタイムリーなどで4点を奪取!!幸先のよいスタートを切ったかに思えたが、先発の今井くんが4回につかまり試合は振り出しに。(ToT)
その後、今井くんも立ち直り、7回4失点で降板。リリーフ陣の平井さん、まっすーが8、9回をピシャリと抑えると、9回裏、ノーアウト満塁というサヨナラチャンスを作るものの、結局得点を奪えず延長戦へ。イヤーなムードにもかかわらずリリーフ陣が粘りの投球。そして、12回裏、再度訪れたノーアウト満塁の場面で交流戦男・おかわりくんが殊勲の一打でサヨナラ勝ち!!@9勝目

6月7日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
埼玉西武ライオンズ 0 0 0 2 1 0 2 1 0 6 10 3
横浜DeNA 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 3 0

戦いの舞台を敵地・横浜に移して横浜DeNAとの初戦。
ライオンズは4回、源ちゃんの二塁打からチャンスを作り、トノのタイムリーなどで2点を先制。しかし、その4回裏。先発のこーなが踏ん張りきれずにすぐさま同点とされる始末。もうこの展開見飽きた。。。その後、ライオンズはコンスタントに得点を重ね、こーなも5回以降は安定したピッチングを披露し、6対2で快勝。今季交流戦初のビジター戦を勝利で飾った。@10勝目

6月12日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 1 0 1 3 0 0 0 4 0 9 11 0
埼玉西武ライオンズ 0 0 3 1 0 0 0 0 0 4 9 2

戦いの舞台をホームに戻した巨人との第二戦目。相手チームのスタメンに銀ちゃんの名前が!! うーん、イヤな予感。

先発・とがめんは序盤に2点を失う苦しい展開。しかし打線の援護もあり、すぐさま逆転してもらったのも束の間、また4回裏に捕まり3失点で再逆転されるお約束の展開。。。┐(´д`)┌ヤレヤレ
5回以降はなんとか立ち直り、7回5失点で降板。後を受けたおがりゅーが大誤算。4失点を喫し、4対9で敗戦。@16敗目

6月13日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 1 0 0 3 2 0 2 0 0 8 12 2
埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2 5 1

今日の先発はクォーくん。初回に1失点するも、2回、3回とギリギリ無失点でしのぎます。
しかし4回、この日もスタメンに名を連ねた銀ちゃんにまさかの3ランホームラン( ゚д゚ )ポカーン。5回に登板したおがりゅーも2ランを浴びる始末。
打線も相手先発の桜井投手の前に手も足も出ず、結局はキム兄やんのソロホームラン1発と、ネコさんが9回に最後の意地を見せてタイムリーを放つのみ。終わってみれば2対8で惨敗。この2戦、銀ちゃんにいいようにやられた印象しかなかった。。。@17敗目

6月14日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
東京ヤクルト 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 10 1
埼玉西武ライオンズ 3 0 0 8 0 0 0 0 0 11 14 0

交流戦も折り返しの4カード目。ヤクルトを本拠地に迎えたカード初戦。ライオンズは初回から5連打で幸先よく3点先取。
一方、この日の先発はこーな。相変わらずランナーを背負いながらも要所を締めて、3回まで無失点の投球を披露するものの、つづく4回に失点。またこの回に失点。どーにかならんのかい!!ヽ(`Д´)ノプンプン

イヤーな空気が漂う中、その流れを払拭してくれたのが、おかわりくん。通算18本目となるグランドスラムを叩き込むと、その他の打者も勢いに乗り、山賊モード全開で一挙8得点を強奪!!
その後、こーなも立ち直り、結局9回まで投げきり完投勝利で締めました(≧▽≦)@11勝目

6月19日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
埼玉西武ライオンズ 0 0 0 0 0 0 2 0 3 5 6 1
中日 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 7 1

この日の先発はとがめん。序盤に早々と先制され、4回にも失点。ただと投球内容は悪くなく粘りの投球を見せながら打線の援護を待つ流れに。
一方、打線は相手先発ピッチャーの前に6回まで1安打のみ。
しかし7回、トノの2ベースヒットでチャンスを作ると、交流戦男・おかわりくんの2ランホームランで同点。試合を振り出しに戻すことに成功。
調子を上げたとがめんは5回から7回までの3イニングを完璧に抑えて降板。その後、平井さんもしっかりと後続を抑え、9回にいい流れを作ると一死満塁のチャンスで再度交流戦男・おかわりくんが勝ち越しの2点タイムリーでついに勝ち越しに成功。その後はね子さんのタイムリーで追加点を奪い、最後はクローザーのまっすー投入で逃げ切り勝ち!!@12勝目
なお、おかわりくんはこの試合で交流戦通算200打点達成しましたーー(≧∇≦)b

6月20日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
埼玉西武ライオンズ 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 8 1
中日 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 6 0

この日の先発は、約2ヶ月ぶりの1軍登板となるニール。そんなニールを援護すべく2回に穂高さんのどすこーーいっ!(w≧Д≦)=wと、友哉・おかわりくんコンビで作ったチャンスにキム兄やんの内野ゴロで1点追加し、この回2点を先取!!
久しぶりの登板ということもあり若干?不安視されていたニールさんですが、3回まで順調なピッチングを披露。しかし4回に1点∑(゚д゚; )ガーン
このままイヤな流れを引きずるかと思いきや、その後はしっかりと抑え、結局5回1失点と予想外の好投で降板。6回以降はマーティンー平井さんーまっすーの投手リレーで切り抜け逃げ切り勝ち!!@13勝目

6月22日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
埼玉西武ライオンズ 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 5 0
阪神 0 0 0 3 1 1 1 0 X 6 12 0

この日の先発はホンディー。3回まではパーフェクトピッチングと完璧な立ち上がり(≧∇≦)b
そんなホンディーの好投に応えるべく、おかわりくんが2回と4回に2打席連続となるソロホームランで援護します。
しかーしその4回裏。3連打を浴びて3失点。その後もズルズルと失点を重ね、6回途中5失点で降板(ToT)。
打線も結局おかわりくんのホームラン2本だけに抑えられて完敗でした。@18敗目


若干中途半端な時期にPart.2をまとめたなって感じは個人的にもしてますが、このシリーズは今季いっぱい続けていこうと思ってます。

次は前半戦終了したタイミングかな? 対象となる試合数次第ですね。

ー おしまい ー